So-net無料ブログ作成
検索選択

奈良の桜 [風景]

今日の大阪は雨が降っています。
結構本格的な降りです。
この雨では少し残った桜も、明日の朝には全部散っていることでしょう。

今日は先週土曜日に名残惜しい桜を求めて奈良方面に出かけたのでその様子です。
今回掲載は、橿原市にある藤原宮跡と桜井市にある談山神社です。
ちょっと枚数が多いですがご覧ください。



まずは藤原宮跡から。

名称未設定-0002335_R.jpg

名称未設定-0002333_R.jpg

こちらの桜はかなり散ってしまっていました。
でも菜の花が凄いんです。

名称未設定-0002342_R.jpg

大和三山のひとつ、耳成山です。

名称未設定-0002336_R.jpg

名称未設定-0002341_R.jpg

名称未設定-0002340_R.jpg

名称未設定-0002334_R.jpg

名称未設定-0002337_R.jpg

名称未設定-0002338_R.jpg

名称未設定-0002344_R.jpg

最後はオマケ・・・


桜が咲いてるところは?・・・と考えて、思いついたのが、
「山の上ならまだ咲いているかも・・・」ということで談山神社を目指しました。
談山神社は蹴鞠で有名な神社です。

名称未設定-0002320_R.jpg

名称未設定-0002321_R.jpg

名称未設定-0002322_R.jpg

名称未設定-0002324_R.jpg

名称未設定-0002325_R.jpg

名称未設定-0002326_R.jpg

名称未設定-0002327_R.jpg

名称未設定-0002328_R.jpg

名称未設定-0002330_R.jpg

名称未設定-0002331_R.jpg

予想通り、見事に満開でした。
一片も散ってない感じ。

藤原宮跡も談山神社も人が少なかったです。
藤原宮跡は毎年訪れますが、いつもそんなには混んでいません。
奈良の桜って言えば吉野が有名なので、橿原・桜井辺りは人が少ないのかも・・・
でもこんな素適な撮影スポットがあるんですよ。
まあ、あまり有名にならない方が自分としては助かりますが・・・笑

あっ、一面黄色バックの桜、加工したんじゃないかと言われることが多いんですが、これは無加工です。
撮影するときの条件を考えて菜の花畑を一面黄色に写るようにしました。


桜シリーズ、残すところあと一回になりました。
次回は大トリに相応しい、これぞ桜という桜をお見せします。
ご期待ください。



nice!(49)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 49

コメント 18

まるたろう

桜は自分、姫路城の観桜会をメインで見ました。
今回はまさに、穴場の撮影スポットなんですね。
by まるたろう (2017-04-17 22:20) 

johncomeback

「桜」と「菜の花」ってベストマッチですよねぇ(^^)
by johncomeback (2017-04-17 22:25) 

hatumi30331

桜と菜の花・・・・・
素敵なコラボやね。
さくら、散ってしまったね。^^
春の嵐・・・・かなりヤバい風!

肝臓は元気に!
視野欠損は治らないけど・・・
元気です!!へへ;
by hatumi30331 (2017-04-17 23:39) 

馬爺

奈良には沢山お桜の名所が有りますからね、特に有名なのは吉野の千本桜でしょうかね。
写しに行くのも楽しいですね。
by 馬爺 (2017-04-18 11:30) 

ゆきち

見渡す限りの菜の花絨毯、キレイですね♪
藤原宮跡も談山神社も人が少ない、桜が好きなのに人ごみが苦手、耳より情報を有難うございます(*^▽^*)

by ゆきち (2017-04-18 13:03) 

raomelon

菜の花と桜、素敵ですね~
黄色の背景に優しげな桜がふんわり~
これってどうやるの?
今度会った時に教えてください(^_-)-☆
大トリの桜も楽しみ~~~♪
by raomelon (2017-04-18 14:04) 

あとりえSAKANA

どの写真も素晴らしいです!
写真、じゃなくて、作品ですね!!
by あとりえSAKANA (2017-04-18 20:12) 

まりっぺ

最強に素敵なコラボです♡
菜の花に・神社仏閣♪
ふ~む・・・黄色の下敷きをバックにしてるわけじゃないのか!

生まれて初めて造幣局の通り抜けに行って来ました。
へたっぴには青空が必要だ!と実感しました(笑)


by まりっぺ (2017-04-18 22:03) 

えーちゃん

桜と菜の花のコラボいいね。
しかし、奈良には数十年行ってません。
「何故来ない?」って裏ちゃんに怒られそうだね(^^;
by えーちゃん (2017-04-18 22:53) 

裏・市長

何故来ない!?。

誰か顔を合わせたくない人間でもおるんやろか?。

そんな事ないでぇ。
奈良はエエ人ばっかりや!それに、なによりご覧なさい。
この一面の菜の花!。

東京にここまで菜の花が見られる場所があって?!。
漬物にし放題よ!。

しかし・・・やはりプロは違うな。
桜が咲くのを待つのじゃないのだね。
追い掛けていくのだね!。桜を!。

脱ぐのを待っててはいけないのだね。
はぎとってでも脱がせるのだね!。
わかります。・・・話が別のところに飛んでる気がするが。


なに!まだ桜が続くのか!?。
次回は大トリの「これぞ桜」!。

・・・これぞ桜・・・これ桜・・・小桜・・・。
・・・アカン、また思いだしてしもたやないかい!。
by 裏・市長 (2017-04-19 03:40) 

ひろし

>まるたろうさん
記事見ました。
お城と桜・・・いや、桜と美女、羨ましいです。
ここは毎年行くんですが、本当に人が少なくて穴場なんです。
有名なんですけどね。


>johncomebackさん
はい、黄色とピンクの風景、大好きです。
もう少し早かったらもっと良い風景だったんですが・・・


>hatumi30331さん
いい風景でしょう。
でも昨日の風と雨で完全に散ってしまいましたね。
これからは新緑が美しい季節。
楽しみです。
お身体の調子、良さそうでなによりです。
くれぐれも飲みすぎ注意ですよ(^^;)

by ひろし (2017-04-19 20:13) 

ひろし

>馬爺さん
奈良は有名なところが多いんですが、どこも人が少なくて写すのには最適です。
ただ、吉野はさすがに人が多いですね。
規模がすごく大きいですし、山の下から上まで一か月ぐらい楽しめますから・・・


>ゆきちさん
本当に素晴らしい風景ですよ。
人が少ないので思う存分撮れます。
来年は是非とも行ってみてください。
駐車場も無料ですし(^^)


>raomelonさん
黄色バックですか。
これ、案外簡単なんですよ。
ただ、機材を持ってればの話ですが・・・
今度お会いしたとき伝授しますよ(^^)

by ひろし (2017-04-19 20:20) 

ひろし

>あとりえSAKANAさん
おぉ~、ありがとうございます!(^^)!
そう言っていただけると励みになります。
お互い良い作品を作りましょうね(^^)


>まりっぺさん
黄色の下敷きじゃないですよ~笑
黄色は菜の花畑です。
ボケを大きく撮るとこうなるんです。
その為には機材も必要ですけどね。
コンデジぐらいでは撮れないです。
次回のオフ会で実演してみましょうか(^^)

桜には青空が似合いますよね。
晴れてないときは、なるべく空の面積を少なくするアングルで撮ればいいかと・・・

by ひろし (2017-04-19 20:27) 

ひろし

>えーちゃんさん
奈良は京都のように人が多くなくて写真を撮るにはいい場所ですよ。
いい人達ばかりだし(^^;)
是非とも来年のお花見は奈良で・・・^^


>裏・市長さん
そうそう、いい人達ばかりですよね^^
それに、この素適な風景。
大中公園の桜なんか日本一やで!
花見の酒の飲み過ぎで倒れても目の前が高田市立病院やし心配ないわ(^^;)
そうそう、衣装はモデルさんを乗せてはぎ取っていくものです。
いやいや、そりゃ違う(^^;)

次回も奈良の桜ですよ。
小さい桜に結びつけ3連発、めっちゃ笑えました(^^)


by ひろし (2017-04-19 20:35) 

まこ

ふっふっふ(^0_0^)
桜に一面黄色バッグ技、一足お先に
課題に臨みました~~っと
言いたくところですが
これが、なかなか
ビギナーにはハイレベルなワザですよねぇ~

by まこ (2017-04-19 22:05) 

ひろし

>まこさん
なかなか上手くできてたんじゃないですか^^
これは普段見るのと違う視点で見ることで思いつくんですよね。
慣れればそんなに難しくないと思いますよ。
むしろ、それに気付くかどうかですね。

by ひろし (2017-04-20 20:40) 

kuwachan

一面黄色の菜の花がホント凄いです。
混雑していない、というのがいいですね。
奈良で桜の追っかけをするとなると、車の方がよさそうですね。
by kuwachan (2017-04-21 09:01) 

ひろし

>kuwachanさん
一面菜の花で本当に広いんですよ。
だから人がいても自由にアングルを選んで人が写り込まないようにできます。
自分が行く場所は田舎が多いので、車移動が必須ですね。
公共交通機関が通ってないところが多いです。

by ひろし (2017-04-21 12:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0